腰痛などの腰の病気

人間が行動するために必要不可欠なのが関節です。肩などは、その作りが複雑な上に疲労しやすく、また、足や腰などは体を支えているので、かなりの負荷がかかってきます。そうすると、どうしても起こりやすくなるのが関節のトラブルです。軽度の関節炎や肩こりなどから、激しい痛みを伴うぎっくり腰、難病のリウマチまで多くの病気があります。


腰痛について

とくに腰痛になりやすいのが、長時間座り続けるデスクワークのお仕事や立ち仕事、重いものを持つ肉体労働のお仕事をされている方です。

→ 腰痛について

突然に襲ってくる、ぎっくり腰

ぎっくり腰とは、重いものを持ったりなどのきっかけで急激に痛みが襲ってくる腰痛のことです。当然ながら、すぐに病院へ直行することが一番確実で安心です。

→ ぎっくり腰について

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアは、重いものを持ったりなどの行為により椎間板に亀裂が生じてしまい、そこからゼリー状の髄核が飛び出してしまうのが原因です。ぎっくり腰のように急に痛み出す急性型の場合と、じわじわと痛み出していく慢性型の場合とがあります。

→ 椎間板ヘルニアについて

ページのトップに戻る