リウマチの検査について

関節リウマチの治療でとても重要なのは、関節の損傷をできるだけ早いうちに食い止めて、さらなる悪化を食い止めることです。そのため、血液検査、尿検査、関節液の検査やレントゲンなどの多種の検査によってリウマチを診断し、早期に適切な治療を始める必要があります。初期の検査で分かる内容としては、下記のようなものがあります。


白血球数: 脾臓の働きが活発であったり、骨髄の活動が低下したときに減少します。また、全身性エリテマトーデスや薬の副作用も考えられます。

赤沈: 様々な病気で異常値を示すので、診断の決定打にはなりません。しかし、慢性関節リウマチとの病状はかなり相関しますので、検査ではよく使われています。また、体に炎症が発生していると、赤血球の沈む速度が速くなります。

ヘモグロビン: 数が増加している場合は多血症、減少しているときは貧血の疑いがあります。また、赤血球も同時に減少している場合には、胃潰瘍の可能性があります。

γーGTP: この酵素は、肝臓や胆道系の異常で数値が高くなります。また、アルコールによる肝障害のときにも著しく上昇します。

GPT(ALT): 肝臓、胆道系の診断に欠かせない検査です。この酵素は、肝細胞に異常があると増加します。

GOT(AST): 肝臓障害・心筋梗塞・溶血などの診断の手がかりになります。この酵素は、心臓・肝臓・腎臓などの細胞に異常があると増加する傾向があります。

RAテスト: この検査は、血液中のリウマトイド因子を調べる検査です。この検査だけではリウマチかどうかの診断は出来ませんが、陽性であれば免疫異常であると考えられます。

CRP: 体内に炎症が発生していたり、組織に損傷があると増加する蛋白の一種です。炎症などを調べるときに行なわれます。

クレアチニン: クレアチニンとは、蛋白の老廃物のことです。排泄障害があると上昇し、腎臓の働きが低下している可能性があります。


このように多種多様な検査がありますが、関節リウマチの場合ですと決定的な診断の決め手が無く、初期での診断が難しい病気でもあります。そのため、1回の検査では診断をくだせないケースも多いので、経過をみながら何回かにわたって検査を繰り返すことがあります。


関節リウマチの診断基準

関節リウマチの診断基準としては、米国リウマチ学会によって1987年に提唱された診断基準を参考にしていました。けれど、初期の関節リウマチですと診断基準で定めた症状が出そろわないこともあり、日本リウマチ学会では、1994年に早期関節リウマチの診断基準を提唱しています。


1、 朝起きたときに関節のこわばりがある。
2、 全身の3つ以上の関節で、腫れや痛みがある
3、 全身の2つ以上の関節に、炎症によって腫れがある
4、 血液検査でリウマチ因子が陽性である
5、 X線検査で、手または足の関節に変化がみられる
6、 赤沈に異常がみられる場合や、CRPが陽性である


上記に当てはまる場合には早期関節リウマチと診断して、詳細に経過を観察しながら、その病態に応じて適切な治療を開始します。また、診断基準については、病院によって多少違いがある場合がありますのでご参考程度にご覧下さい。


ページのトップに戻る