リウマチについて

現在、日本全国でリウマチに悩む患者さんは100万人ともいわれ、その数は社会の高齢化にともない、年々増加している傾向にあります。この関節リウマチとは、関節に起こる炎症によるつらい痛みや腫れ・変形が特徴です。そして、これらの関節の痛み・腫れを伴う病気を総称して、リウマチ症疾患といいます。

そして、リウマチ症疾患の中でも特に多いのが慢性関節リウマチです。慢性関節リウマチとは、関節の痛みや腫れ・炎症が全身に広がる病気で、この症状が長く続くと関節の変形・破壊が進み、最終的には身体障害にまで進行してしまいます。このようなリウマチは、30~50歳くらいの人が発病しやすく、また、女性に多いようです。とくに最近では、リウマチの患者も増えてきており「若年性リウマチ」という言葉まで出てくるほどとなってきました。

これらのリウマチの原因については、現在でも詳しい事は分かっておりません。遺伝が原因であったり、細菌などの感染やストレス・周囲の環境からの悪影響などが複合的に作用して免疫に異常が発生し、リウマチが発病すると考えられています。また、微熱やだるさ、食欲不振などの全身の症状に悩まされることもあり、このような炎症が慢性化してくると、関節の骨や軟骨が破壊され、関節が変形してしまい日常生活に支障をきたす場合もあります。


リウマチは、女性に多い

リウマチ患者の男女割合としては、1対4と圧倒的に女性に多く、発症年齢は30~50代、とくに40代がもっとも多いと言われています。

リウマチが女性に多い理由としては、妊娠・出産、そして、女性ホルモンが関係していると考えられています。女性が妊娠した場合では、妊娠中は「副腎皮質ホルモン」が増加して自己免疫の働きが抑制されますが、出産後には、この免疫の抑制が無くなり、その反動で一時的に自己免疫の働きが高まり「自己免疫疾患」が起こりやすくなると考えられています。


リウマチの痛みについて

慢性関節リウマチの特徴は痛みと腫れにありますが、この痛みと腫れは、免疫機能の異状によって引き起こされます。通常、体内にウイルスや細菌が進入してきても、白血球などの免疫細胞が敵を攻撃し撃退していくので健康な状態が維持されます。しかし、リウマチの場合ですと、この免疫システムに異状が起こっており、自分の体の組織(関節など)を敵とみなして攻撃してしまうのです。そうすると、免疫細胞に攻撃されている部分では炎症が起こり、痛みを引き起こしてしまいます。

さらに炎症が進んでしまい、その関節の炎症が長期に及んでしまうと、滑膜 (関節には滑膜というものがあり、関節の滑らかな動きを助ける役割があります) という部分では、血管や細胞が増えていき滑膜自体が大きくなり、関節の腫れや 「こわばり」 を引き起こしてしまいます。さらに悪化が進むと、骨の軟骨やじん帯、さらに骨そのものまでも破壊してしまいます。


ページのトップに戻る