肩こりとは

「肩こり」については、ほとんどの方が経験されていることと思います。この肩こりにも、「ちょっと肩が強ばるな・・」程度の症状の軽いものから、「腕が回せない・・」という重い症状のものまで様々です。

また、この多くの方を悩ませる肩こりの直接の原因は、人類が2足歩行を始めたからだと言われています。それもそのはず、一番重要な器官である「頭」の重さは2~3キログラムもあり、その負荷のほとんどを首や肩の筋肉で受け止めているのです。歩いたり走ったりすれば、その分、重力の影響で首や肩の負荷も増えてしまいます。人間と肩こりは、切っても切れない関係ですね。


肩こりの原因

肩こりの主な原因については、首や肩周りの筋肉の疲労です。とくに同じ姿勢で長時間いたりすると、それを支えている筋肉の負担を分散するために、他の筋肉も使おうとします。そうすると、姿勢も崩れてきて血行も悪くなり、疲労物質や老廃物の排出が妨げられ、筋肉の疲労がピークに達して肩こりに結びついてしまいます。

また、肩こりの原因にもなる肩から首にかけての筋肉疲労は、目の酷使による眼精疲労から来ることもあります。そのようなことから、パソコンを使うデスクワークなどのお仕事をされていますと、目は疲れますし長時間座りっぱなしなので筋肉も緊張してきて血行も悪くなり、肩こりも起こりやすい状況ともいえます。充分にご注意を!


肩こりの治療

肩こりは、おもに肩や首の筋肉に疲労が溜まってしまい、さらに血行が悪くなるという悪循環によって引き起こされます。そのため、肩こりの治療や解消法については、筋肉の疲労を取り除くことが先決です。肩こりの治療薬で身近なものですと、薬局などで売っている湿布などがお手軽でお勧めです。ただ、これだけに頼らず、生活習慣の見直しや、適度な運動を心がけるようにしてくださいね!


ページのトップに戻る