頚肩腕症候群とは

頚肩腕症候群という病気は、首から肩・腕への痛みや凝り、シビレなど色々な症状があり診断がつきにくい病気のことを総称して言います。とくに最近では、この頚肩腕症候群からさらに詳しくするために胸郭出口症候群や腕の神経絞扼症候群などの病名が独立して名づけられるようにもなってきました。また、この頚肩腕症候群は職業病的な要素( パソコンなどの長時間の使用 )によっても誘発されると言われています。


頚肩腕症候群の原因や症状

頚肩腕症候群の原因については、じつに様々なことが考えられます。パソコンなどを長時間使用して肩や首回りの血行が悪くなり、それが悪化して肩こりとなって誘発している場合や、首回りの筋肉があまり発達していないため ( 頭を支えている首や肩の筋肉への負担 ) による誘発など他にも様々なことが考えられます。

また、頚肩腕症候群の症状も様々あり、主なもので、頚肩から上腕・前腕・手指にかけての連鎖的な痛みや脱力感、冷感、しびれ、背部痛 肩、項部、肩甲骨間部などの凝りやこわばりなどがあります。


頚肩腕症候群の治療

頚肩腕症候群の治療については、まず、その原因を取り除くことが最優先です。そのためにも、パソコンの長時間の使用や、同じ姿勢をとり続けるなどの日常生活を見直す必要があります。軽い運動やストレッチなどを取り入れましょう。また、痛みや凝りを取り除くための身近な治療薬としては湿布などもありますし、病院では非ステロイド系抗炎症剤や筋弛緩剤などがあります。もし、症状が頑固な場合には、病院で受診して原因をハッキリさせることが大切です。


ページのトップに戻る